初めてのヴァイオリン

初めてヴァイオリンを始める方へ

ヴァイオリンのイメージ

ヴァイオリンのイメージ

ヴァイオリンというと、“クラシック、高級、難しい”などの近づきがたいイメージを持っていらっしゃいませんか?
あるいは、興味はあるけれど大人になってからでは弾きこなせないのでは?と、ためらわれている方も多いことでしょう。

実は、ヴァイオリンも他の習い事と同じです。一気に上達することはありませんが、色々なコツを少しずつマスターすれば、必ず弾けるようになります。
最近は、大人から始められる方が多くなりました。大人から始められてアマチュア・オーケストラに入団している生徒さんも珍しくありません。

ヴァイオリン、実は思うよりも敷居が低い?

意外かもしれませんが、金銭的にもピアノに比べると割安だと思います。

ヴァイオリンは何億円という高価な楽器のイメージが先行しがちですが、趣味でヴァイオリンを始めるならばセット価格(ヴァイオリン・弓・ケース)10万円前後の物で一生使うことができます。
代々受け渡すことも可能です。

ヴァイオリンはピアノよりも割安です

下取りなどのサービスがある楽器店も

子供の楽器(分数ヴァイオリン)は大人の楽器(フルサイズ)よりも安いのが一般的ですが、弾く方の身長や腕の成長にあわせて、楽器のサイズも変えていかなくてはいけません。
最近ではレンタルも可能ですし、楽器店によっては下取りしてくれるところもあるので、やはりピアノにくらべ、リーズナブルだといえます。

音量もピアノほどではありませんし、場所もとりません。練習用ミュートを使用すればかなり音もおさえられます。1畳あればどこでも弾ける楽器ですので、ピアノより身近な楽器であってほしいと思っております。

ヴァイオリンは下取りサービスも可能

初めてヴァイオリンを購入される方へ

ヴァイオリンの大きさは、弾く方の身長や腕の長さによってサイズが異なります。
4/4をフルサイズと言い、大人の方が使う一般のサイズです。
フルサイズよりも小さいヴァイオリンを分数ヴァイオリンと言い、子供の成長に合わせて使います。
バイオリンの各種サイズ
サイズ 1/12 1/10 1/8 1/4 1/2 3/4 4/4
身長 105cm以下 110~105cm 115~110cm 125~115cm 130~125cm 145~130cm 145cm以上